むくみ予防と改善に効果がある食べ物や飲み物とは

むくみの直接的な原因は、血液の流れが悪くなり、不要な水分が体内に溜まってしまうためです。
そのため、顔や手足などの部位がむくんでしまいます。
ですが、間接的な原因は、不規則な生活、冷え性や便秘などの症状が関係しています。

むくみに効果的な栄養素はなんですか

では日常生活の中でどのように生活習慣を改善すれば、むくんでしまう症状が改善されるのかというと、真っ先に取り組みたいのは食生活の改善です。栄養のバランスのとれた食事を1日3食が理想ですが、効果的な栄養素がいくつかあります。

水分を適正に保つ働きがある「カリウム」は、海藻類や芋・豆類に多く含まれる栄養素です。
「サポニン」は利尿作用があるため、不要な水分が体外に排出されます。
サポニンが多く含まれる食材は、スイカやキュウリなどウリ科の食べ物です。

ワインに含まれる「ポリフェノール」には血液をサラサラにする効果があります。
同じく血液をサラサラにする効果があるビタミンB1を摂取したいなら、豆腐やかぼちゃ、ごぼうなどを食べましょう。
ごぼうには食物線維も多く含まれるので、腸内環境を整え便秘の解消の効果も期待できます。

また食事のメニューだけでなく、食事を食べる時間を規則正しくする。
早食いや大食いをしない、塩分を多く含む加工食品は控えるなどの注意事項も同時に守るようにして下さい。

むくみに効果的な飲み物を探してみよう

食べ物だけではなく、飲物でも予防・改善効果は得られます。
例えばとうもろこしのヒゲ茶には、ミネラルやカリウムを多く含みます。
黒豆茶には体内の不要な水分を排出する作用があります。

しょうが湯を飲むと身体の内側から温まります。そのため血行がよくなり、冷え性の改善効果も期待できます。
妊婦に愛用されているタンポポコーヒーですが、利用作用があるため、不用な水分が排出されます。

他にもハーブティーや漢方薬、サプリメントでも同じような効果が得られます。
効果的な飲み物をさらに、効果的に摂取する方法は、摂取するタイミングがポイントとなります。

まず睡眠中に水分が失われているので、朝起きてすぐに水分補給を行い、また運動前や入浴前など、これから汗をかく前に、先に水分を補給しておくのが効果的だと言えるでしょう。
寝る前に水分を摂取すると、深夜にトイレに行きたくなったり、翌朝のむくんでしまう原因になると思われがちです。
ですが、大量にアルコールを飲む場合は別ですが、少量であれば問題ありません。