むくみは体質ではなく生活習慣が要因

1日立ち仕事をしていると、夕方になる頃には脚がパンパンにむくんでしまう。
そんな女性は少なくないでしょう。
ですが、その足のむくみを体質だと思っているかもしれませんが、体質が原因ではなく生活習慣が原因です。

血液の流れが悪いからむくんでしまうの?

脚がむくんでしまう原因は、重力の関係で脚に血液が溜まってしまうためです。

血液の流れが悪いからむくんでしまうの?

血液は栄養分や水分を運ぶ働きがあるため、血液が溜まってしまうと、水分が戻れなくなりむくんでしまうと言う訳です。
ただ、重力だけが原因であれば、重力は全てに人にかかっていますから、全員がむくまなければおかしいですよね。
ですが、実際は特定の女性だけがむくんでしまいます。

つまりなぜ血液が溜まってしまうのか?というと日頃から血液の流れが悪くなっているためです。
そのため、ちょっとした原因ですぐに血液が溜まりやすくなってしまうのです。
そして血液の流れが悪くなる原因は、生活習慣が深く関係しています。

むくんでしまう生活習慣を避ける運動法とは

では生活習慣の何が原因でむくんでしまうのでしょうか?

むくんでしまう生活習慣を避ける運動法とは

まず、運動不足が挙げられます。
運動をする事で、新陳代謝の機能がアップし血行の流れがよくなります。
そのため、有酸素運動であるジョギングやウォーキングを週に数回30分程度する習慣をつけましょう。

そして栄養のバランスの取れた食生活も重要です。
忙しいからと加工食品ばかり食べていませんか?
加工食品は栄養が偏る上に、塩分を多く摂取してしまい、体内でカリウム不足がおきてしまいます。
その結果、体内に不要な水分が溜まりやすくなってしまうという訳です。

1日3食全てを自炊する事が難しいのであれば、1日1食の自炊と、後は栄養バランスを考えて不足している場合は野菜ジュースを飲む、サプリで補給するなど無理せずできる範囲で頑張って下さい。

その他、身体を温める事も効果的です。
お風呂の湯船にしっかりつかる、お風呂の後の身体が温まった状態でマッサージをすると血行の流れがよくなります。
不規則な生活をしていると、ストレスも溜まりやすく、ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまいます。
そうすると、血行の流れも悪くなってしまいますから、ストレスを感じない規則正しい生活を心掛けましょう。

The recommendation site
むくみ解消サプリはこちらへ
パンパンでハリのあるむくみに悩む女子に是非おすすめしたい人気のある商品のお買い求めはココ

腸がむくむと便秘の恐れがある

身体でむくんでしまう部位は?と聞かれたら多くの女性が、手足や顔と答えるでしょう。
ですが、腸と答える人は少ないのではないでしょうか?

腸がむくむと便秘の恐れがある

腸は内蔵なので、自分では見る事ができないので気づいていないだけです。
実は腸がむくんでいる女性は少なくありません。

そして特に便秘の人は、腸がむくんでいる可能性が高いので注意が必要です。

そもそも血液の流れが悪くなると、水分が溜まりむくんでしまうわけです。
だから内蔵器官がむくむ可能性は十分にあるわけです。
しかも内蔵器官は体内で様々な働きを行っているため、むくんでしまうとそれらの働きが妨げられてしまいます。

つまり何がいいたいのかというと、顔や脚がむくむと太って見えるので凄く気になります。
ですが、それ以上に腸がむくまないように、日常生活を改善する必要があるということです。
腸がむくむと、エネルギーの消化能力が低下し、太りやすい体質になってしまいます。
他にも免疫力が低下し風邪や病気にかかりやすくなってしまいます。

腸がむくんでも見えないから気にしないではなく、健康を損なう可能性が大きいため、気にして予防と改善を行いましょう。
手足や顔がむくんでしまう人は、血液の流れが悪くなっている証拠なので、腸もむくんでいる可能性は大です。